2010年08月28日

私のTwitpicはさくらか食べ物ばかりだった件

学生時代からの付き合いである足首の腱鞘炎が再発して、ここ数日さくらと散歩できずにいます。
私の担当である夕方の散歩は両親が交代で行ってくれています。
仕事が忙しいときはよくお願いしているわけですが、散歩中に
「いつものお兄ちゃんはどうしたの?」
と声かけてくださる散歩仲間の方もいらっしゃったようで、来週くらいには散歩再開できるよう治療に取り組んでいるところです。

私の状況がこんな感じということで、さくらの話題少なめであります。
あまりにも寂しいので、ブログのサイドにTwitpicサムネール化して貼ってみました。
あらためてみると私のTwitpicは、さくらか食べ物ばかりだったのに驚きました(笑)
これから気になる写真あったらサルベージして紹介できればと思っております。

爆睡さくら

今回は爆睡中のさくら画像です。これ以上ないほど爆睡中でした。


ニックネーム たぐっちゃん at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

犬はきらい? わたしを変えたダメ犬サーシャの物語

ダメ犬サーシャと著者のドタバタな日々を中心に犬好きの人なら共感せずにはいられないエピソード満載! あーうちの子もと思わずにはいられない愛犬家さんオススメの一冊です。

愛犬さくら(ボーダーコリー1歳)が我が家に来てから、さくらをきっかけに私の世界も広がりました。
とくに散歩中に会う愛犬家さんとのやりとりは楽しみの一つです。
そのなかでみなさん(ワンちゃん名の飼い主さんという感じで記憶されています)が話されるのは、愛犬の困ったエピソードが多いです。
困ったといいながら話されるその顔は笑顔が多い。みなさん自分お会い件と過ごす時間をとても大切にされているのが伝わってきます。

この本の中にもそういった素敵なエピソードが満載です。ダメ犬サーシャと著者であるエミリーさんの日々は、愛犬家さんなら感情移入せずにはいられないエピソードが満載です。

もともと猫好きなエミリーさん。娘さんにねだられてビーグル犬のサーシャを飼う事になったのですが、ビーグルのサーシャはトイレのしつけもできていない。エミリーさんの下着も食してしまうような問題児。
そんな二人のドタバタな日々を中心に、一人と一匹に関わる周辺の方のエピソードが、たくさん収録されています。
エミリーさんも素敵なドッグ・トレーナーさんとの出会いなどをきっかけに、すっかり犬好きになっていきます。
いまではフォスター・ファミリーとして他に犬も預かるまでに成長(?)されています。

ちなみにフォスター・ファミリーとは、捨てられたり、行き場のない動物たちを保護する救済活動をより積極的に行うため、保護される動物を一時的に預かっていただく制度だそうです。
レスキュー団体さんの活動内容などにもふれられていて、そういう情報に触れられた意味でもこの本読めてありがたかったです。

犬に限らずペットと過ごす日々は大変なことも多い。でもそれ以上に素晴らしいことも多い。そういう当たり前のことに気づかせてくれる素敵な本です。

作中でエミリーさんはもともと犬好きの家系だったことも紹介されるのですが、そうでなくともサーシャと過ごす日々の中で彼女は犬好きになっていたのかなと想像できます。
明日も早起きして書評書いている横で寝ている愛犬さくらのために散歩に行ってきます。
まぁこういう愚痴を書いているときも笑顔がうかんでいるわけです。

こちらの本は、本が好き!さまの初献本としていただきました。

書いた書評に応じて献本が貰える本好きのためのコミュニティということで、様々なジャンルの本が献本リストにあります。
この本は表紙と他の方の書評に惹かれて献本お願いしたのですが、大満足な1冊でした。

献本してくださった本が好き!さまにあらためてお礼申し上げます。


ニックネーム たぐっちゃん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ボーダーコリー] ブログ村キーワード